Quote
"うつくしいものの話をしよう。
いつからだろう。ふと気がつくと、
うつくしいということばを、ためらわず
口にすることを、誰もしなくなった。
そしてわたしたちの会話は貧しくなった。
うつくしいものをうつくしいと言おう。
風の匂いはうつくしいと。渓谷の
石を伝わってゆく流れはうつくしいと。
午後の草に満ちている雲の影はうつくしいと。
遠くの低い山並みの静けさはうつくしいと。
きらめく川辺の光はうつくしいと。
おおきな樹のある街の通りはうつくしいと。
行き交いの、なにげない挨拶はうつくしいと。
花々があって、奥行きのある路地はうつくしいと。
雨の日の、家々の屋根の色はうつくしいと。
太い枝を空いっぱいにひろげる
晩秋の古寺の、大銀杏はうつくしいと。
冬がくるまえの、曇りの日の、
南天の、小さな朱い実はうつくしいと。
コムラサキの、実のむらさきはうつくしいと。
過ぎてゆく季節はうつくしいと。
一体、ニュースとよばれる日々の破片が、
わたしたちの歴史と言うようなものだろうか。
あざやかな毎日こそ、わたしたちの価値だ。
うつくしいものをうつくしいと言おう。
幼い猫と遊ぶ一刻はうつくしいと。
シュロの枝を燃やして、灰にして、撒く。
何一つ永遠なんてなく、いつか
すべて塵にかえるのだから、世界はうつくしいと。"

— 長田弘 「世界はうつくしいと」 (via fffff9)

(元記事: Yahoo! Japan (micorayから))

Photo

(元記事: --mm-- (kimi-no-matsugeから))

Photo
shiraishiunso:

Twitter / ym2941: もぐもぐ http://t.co/bpS8habuhg
Photo

(mmo030から)

Photo

(fukuku3から)

Photoset
Photo
sola-nin:

森絵梨佳 for vikka, 08/2014

sola-nin:

森絵梨佳 for vikka, 08/2014

(gingaaoから)

Photo

(元記事: glamourqueenn (8kiatsuから))

Quote
"自分にも他人にも期待しないことだ。ラッキーな時は、ただ喜び、失敗しても、人を恨まずに済む。心を左右に広く持てば動じず、前後に奥行きを持てば行き詰まることもない。狭い心は衝突ばかりして、傷つきやすい。少ない気配りしか出来ない人は、何事にも反抗的で、争って自爆する。穏やかな心でいれば、身の毛、一本も損なわない。"

徒然草 第二百十一段 - 徒然草 (吉田兼好著・吾妻利秋訳) (via yellowblog) (via hustler4life) (via yaruo) (via ukar) (via atm09td) (via usaginobike) (via 19014) (via miamumu) (via stmkrk) (via asaaaaa7) (via kyoukochang) (via petrolz7no2problems5)

Photo
nehrvy:

☆ bambi/indie blog ☆